眼の病気と治療

ホーム眼の病気と治療 > 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

白内障とは?

目の中のレンズ(水晶体)が濁る病気が白内障です。

白内障

進行具合や濁り方によって自覚症状も個人差がありますが、霞んで見える、眩しい、どんなに調整しても眼鏡があわない、ぼやけて二重、三重に見えるといった症状が現れます。

白内障

白内障で最も多いのは目の老化に伴う老人性白内障です。60歳代で70%、80歳以上になると、ほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。その他にも目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調、遺伝、放射線や赤外線照射、薬の副作用、ブドウ膜炎などの目の病気などで発症することもあります。

白内障が軽度であれば点眼薬や内服薬による進行予防をおこないます。ただし、現在までに開発された「抗白内障薬」は、全て進行予防に働くものでいったん進行すると元には戻りません。また薬を続けても完全に進行を阻止することは不可能で進行を遅らせるといった効果しか期待できません。(=老化を阻止できないのと同じ)

白内障が進行して視力が低下した場合は手術による視力回復が可能です。