治療・手術

ホーム治療・手術 > IPL治療(新しいドライアイ治療)

IPL治療(新しいドライアイ治療)

対応可能施設
  • えにわ眼科

IPL(新しいドライアイ治療)

IPL治療 M22

以下の患者様におすすめです。

  • ドライアイと診断されており、点眼治療をおこなっているが良くならない
  • 涙点プラグ挿入もしたがドライアイの改善がなかった

最近の研究ではドライアイの症状を訴える患者様の多くはマイボーム線機能不全(MGD)であることが明らかになりました。えにわ眼科ではドライアイ治療=点眼の使用という治療方針だけではなく、マイボーム機能不全の患者様に正確な診断、M22を使用した新しい治療でドライアイ改善にむけた徹底した治療をおこなっていきます。

治療方法

マイボーム腺機能不全を改善する新たな治療法として、IPL(Intense Pulse Light)治療が登場し、海外の学会等でその効果が次々と報告され、注目を集めています。
当グループではいち早く、「ルミナスM22 IPLシステム」によるIPL治療を導入しました。

施術前
施術後

IPL治療

マイボーム腺の出口が詰まっており、十分な油分がでておらず汚れている。

IPL治療

出口の目詰まりが解消されており、 きれいな油分が目表面を覆っている。

治療の前に

  • まずIPL治療の適応があるかどうか、事前に検査・診察をおこないます。
  • IPL治療の適応と判断された場合、具体的な治療の流れや注意事項について詳しく説明した上で同意いただき施術をおこないます。
  • 眼周囲に毛が生えていると毛に反応して痛みを感じやすくなるため、施術前に一部の剃毛もしくは脱毛をお勧めする場合があります。
  • IPLを当てる場所にホクロがあるときはシールを貼ってカバーします。

治療の流れ

IPL治療

  • 治療前にメイクや基礎化粧品を落としていただきます。
  • 専用のアイマスクをつけて顔に密着させます。
  • 下まぶたの下部に水溶性ジェルを塗ります。
  • 頬から瞼の下、鼻にかけて数回フラッシュします。
  • ジェルを拭き取り目のまわりを洗浄して終了します。

IPLの刺激により、マイボーム腺の分泌がよくなります。
治療効果に個人差はありますが、速やかに現れ、その持続時間は回数を重ねるたびに長くなります。ダウンタイムは基本ありません。

※所用時間 約10分

適応条件

禁忌 (処置ができない方)
  • 妊娠および授乳中の方
  • 光過敏症もしくは、光過敏性を高める薬剤をご使用中の方
  • 皮膚が日焼けしている方
  • てんかん発作の既往歴がある方
  • ケロイド体質の方
  • 血液凝固に異常のある方
  • 前がん病変、皮膚がん、または皮膚がんの既往がある方

施術後の注意事項

治療後、短期間皮膚が赤みを帯びやすくなりますが、ほとんどの場合、2~3時間で元に戻ります。 皮膚の弱い方など、まれに浅達性熱傷による赤みやヒリヒリ感がしばらくでる場合がありますので、治療後約2週間は紫外線に当たるときは照射部位に日焼け止めクリームを塗ることをお勧めします。 洗眼、入浴、化粧等、日常生活上の制限は特にありません。

費用

1回【両眼】8,800円(税込)
  • 検査料込みの価格です。
  • 本治療は自由診療の為、健康保険と同日の混合診療は行うことができません。本治療と関係のない点眼処方や、検査は別日でのご案内になりますのでご了承お願いいたします。
  • 本治療はえにわ眼科での施術になります。