眼の病気と治療

ホーム眼の病気と治療 > ICL(有水晶体眼内レンズ)

ICL(有水晶体眼内レンズ)

ICL(有水晶体眼内レンズ・後房型フェイキックIOL)

ICL(Implantable Collamer Lens)手術は眼球内の虹彩と水晶体の間にレンズを移植して、近視や乱視を治す方法(有水晶体眼内レンズ・後房型フェイキックIOL)です。 その性状から眼内移植型コンタクトレンズとも言われています。

  • レーシックに比べて光学的特性に優れており、より良好な視機能が期待できる
  • レーシックでは対応できない強度近視や角膜の薄い症例に対応できる
  • レンズの摘出・交換により、度数の変化に対応でき、元の状態に戻すことも可能

などのメリットがあり、”よりプレミアムな屈折矯正手術”と位置づけられています。

当院で使用しているICLは、STAAR社によって開発されました。 1997年にヨーロッパにてCEマーク(安全性)を取得。2001年にはカナダ、2002年に韓国、2005年にはアメリカFDA(米国)、すでに64カ国で認可を受けています。日本では2003年より治験が開始され、2010年2月に厚生労働省で認可されました。

近年、急速に普及してきており、全世界で20万件以上(2011年1月現在)の実績があります。一足先にこの手術が広まった韓国では近視矯正手術の約10%以上がICL手術になっています。

手術方法

手術は点眼麻酔で行い、片眼10~15分で終了します。

手術方法

  • 散瞳剤点眼で瞳孔を開き、点眼麻酔を行ったのち、黒目と白目の境目に数ミリの創口を作成。
  • 創口から小さく折りたたんだICLを挿入して、虹彩と水晶体の間に固定。
  • 切開創は糸で縫合することなく、眼内圧により自己閉鎖します。
  • レンズは特別な手入れをしたり取り出したりする必要はなく、半永久的に眼内で安定します。

適応条件

適応条件(2010年4月現在 ICL適応ガイドライン)
  • 年齢21歳以上(45歳ぐらいまでが望ましい)
  • 術前球面等価度数が-6.0以上の強度近視(慎重適応:等価球面度数が-15.0以上)
  • 術前円柱度数が2.5D以下(今後、乱視用レンズの認可で適応範囲拡大予定)
  • 角膜内皮細胞密度最低値
  • 年齢21~25歳 2800個/mm2以上
    年齢31~35歳 2400個/mm2以上
  • 年齢26~30歳 2650個/mm2以上
    年齢36~40歳 2200個/mm2以上
禁忌 (手術ができない場合)
  • 21才未満の方
  • 前房深度が2.8mm未満の方、散瞳不良の方、前房隅角の狭い方
  • 妊娠中又は授乳中
  • 目の病気のある方(白内障、緑内障、網膜疾患、虹彩/ぶどう膜炎、水晶体亜脱臼、偽落屑症候群など)
  • 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  • コラーゲンに対する過敏症
  • その他、全身的、眼科疾患を伴うこと等を理由として医師が不適当と判断した症例

レーシック、その他の手術方法との違い

利点
  • レーシックでは矯正できない強度近視も矯正可能
  • 角膜が薄い場合や円錐角膜や角膜拡張症のリスクが高い症例も施術が可能
  • レーシックにみられがちな高次収差の増加がなく、コントラスト感度があがることが多い
  • レーシックに比べて、コントラスト感度の低下やハロ・グレアを生じにくい
  • 網膜投影像が小さくならないので、手術前より最大矯正視力の向上がみられることもある。
  • 術後の戻りがほとんどなく、視力経過が安定している。
  • フラップ作成による角膜知覚低下がないため、ドライアイを生じにくい。
  • レンズを取り出して元の状態に戻すことができる。(レーシックは角膜を削るので元に戻せない)
  • 前房虹彩支持型のフェイキックIOLと違い、レンズの偏位や脱落をおこしにくい。
  • (角膜を削らないので)レーシックと比べて手術前のコンタクトレンズ中止期間が短い。
欠点
  • 価格が高い
  • 手術に高度な技術を要する(ライセンス制)
  • レーシックに比べると症例数が少なく、歴史が浅い。
  • 軽度の近視や非対称性乱視、雑性乱視の矯正には適していない

※ 眼鏡、コンタクトレンズ、レーシックでの近視矯正では、いずれも被写体側に近い方に凹レンズがあるため、網膜投影像が小さくなるが、ICLでは網膜投影像が小さくならない。
-10Dの近視を矯正すると網膜像は、眼鏡で約85%、コンタクトレンズやレーシックでは97%に縮小

※ レーシックでの近視矯正は"角膜を削る"ということで角膜形状が扁平化してprolateからoblate化することで高次収差が増大する。ウェーブフロント照射技術で高次収差の増加は大幅に改善されたが、コントラスト感度の低下やハロ・グレアといった夜間視機能の低下がでやすい。ICLでの近視矯正は高次収差の増加がほとんどなく、むしろ手術前よりもコントラスト感度が増加することも多い。「凸レンズとしての水晶体と近接して凹レンズであるICLを絞り(虹彩)により近い位置に配置する」ことで、収差を軽減しているといわれている。

※ レーシックでは約3%に術後の戻り等での再手術を行う場合があるが、ICLでは術後の屈折値が安定しており、戻りがでることはほとんどない。

※ レーシックではフラップ作成による一過性の角膜知覚低下でドライアイを生じやすくなるが、ICLではドライアイを生じやすくなるということがない。

※ レーシックでは偏心照射、角膜拡張症(ケラトエクタジア)、難治性イングロース(フラップ下への角膜上皮細胞迷入)といった合併症を引き起こした場合には視力回復が困難な場合がある。ICLにみられる合併症は、ICLを取り出すことで元に戻せるものが多く、白内障(水晶体混濁)が生じた場合でも白内障手術で視力回復できるなど、いずれの合併症もリカバリーしやすい。

※ 前房虹彩支持型のフェイキックIOLの場合、虹彩の支持部が萎縮したり強い衝撃でレンズが外れることがあるが、ICLの場合は強い衝撃を受けてもレンズの偏位や位置ズレをおこしにくい。

手術のリスクと合併症

よくみられる一般的な症状

手術直後のかすみ・ぼやけ・まぶしさ・異物感・しみる感じ・充血

手術直後より視力改善は体感できますが、手術直後は全体的にかすんだり、ぼやけたり、充血したりします。1週間ぐらいまでの間に安定してくる方がほとんどです。

結膜下出血

創口や白目の血管から出血して目が赤くなることがありますが、手術後1~2週間で自然に消失します。手術の結果や目への影響も心配ありません。

角膜内皮細胞の減少

通常の場合、手術時に平均で約3%の内皮細胞数減少が見られますが、その後は安定します。

ハロ・グレア・光のにじみ

暗い所で光がにじんだり、光の周囲がぼんやりと見えたり、周囲に光が入って見えたりすることがあります。やや残る場合もありますが、慣れてしまえば日常生活にはほとんど支障ありません。

※ ICLの有効光学部径が角膜面で7.30mm相当(-12.0D以下の場合)あるので、暗所瞳孔径が大きい方でも レーシックに比べるとハロ・グレアがでにくいとされています。 暗所ではコントラスト感度が低下しがちなレーシックに比べると高次収差も少なく、網膜像の縮小がないこと などから、コンタクトや眼鏡に比べて暗所・夜間視力が向上する場合もあります。

老眼(老視) (※概ね40才以上の場合)

手術を受ける・受けないにかかわらず、40才頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」といった老眼の症状がではじめます。 その場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜に使用してください。
※ レーシック、ICL、眼鏡、コンタクトレンズいずれであっても老眼は同様に現れます。

【加齢に伴う調節力の低下】
年齢が進むと、水晶体のレンズ(水晶体)の厚みを調節する毛様体筋の働きが衰え、調節力が低下し、近くの物にピントが合わせにくくなります。一般的には「老眼」と言われています。

【40才を過ぎて老視が進んでくると】
正規の場合では、老視の進行とともに「遠くはよく見える」が「手元は見えにくくなる」ので、近用眼鏡(いわゆる老眼鏡)が必要になります。近視を手術治療しなかった場合では「裸眼だと手元は見やすい」ですが、メガネやコンタクトレンズで「遠くをよく見える」ようにした状態では、老眼の進行とともに「手元が見えにくくなる」ので、手元を見るのにメガネやコンタクトレンズを外したり、遠用と近用の度数を使い分けたりする必要があります。

手術で「軽度の近視」にあわせることもできます。40才以上の老眼年齢の方では、手元が比較的楽に見えるように完全矯正にせず、やや軽度の近視にあわせて手術をすることもできます。 どの程度にあわせると便利かは職業や生活習慣によって違います。事前に医師・カウンセラー・検査員によく御相談ください。

まれに起こる治療が必要な合併症

眼圧上昇/高眼圧

眼圧上昇がみられた場合、その程度によって降眼圧剤の点眼や内服を一時的に追加します。瞳孔ブロックが原因となる場合にはレーザー虹彩光凝固を追加したりすることがあります。(発症率0.8%)

Low Vault、High Vault、ICLの偏心、軸ズレ、度数ズレ

ICLと水晶体の間隔が狭すぎたり(=Low Vault)、逆に広すぎたり(=High Vault)した場合、ICLが偏心固定した場合、軸が回転してしまった場合、手術後に過矯正あるいは低矯正となった場合などには、サイズや度数の違うICLへの入れ替え、位置修正などの再手術が必要になることがあります。 (レンズの交換・摘出1.9%)

術後眼内炎

ごくまれに手術後の感染性眼内炎を発症したケースが報告されています。(発症率0.0016%) もし発症した場合は抗生剤の内服や点滴、程度によっては前房洗浄やICL摘出を行うこともあります。

白内障(水晶体の混濁)

視力に影響しない程度のものであればそのまま経過観察をします。もし進行して視力障害を生じた場合はICLを摘出して白内障手術を行います。(発症率0.4%)

※ 白内障は加齢とともに60~70歳を過ぎると大多数の方にみられる病気です。もともと強度近視の人は、普通の人より10~20年早く白内障になりやすいので、ICL手術をしなくても白内障になりやすいという面もあります。

費用

手術費用 【片眼】324,000円(税込)
【両眼】648,000円(税込)

※3カ月間の検診代も含まれます。

生命保険の取り扱いについて

ご自身で生命保険にご加入の場合、生命保険会社およびご契約内容によっては“屈折矯正術”の治療・手術を受けたということで、生命保険から保険金として手術代金の一部が支払われる場合があります。詳細につきましてはご加入の生命保険にお問合せください。

税金の医療費控除について

年間10万円以上の医療費をお支払いになられた場合、屈折矯正手術であっても確定申告で医療費控除をお受けいただける場合があります。詳しくは所轄の税務署にお尋ねください。