治療・手術

ホーム治療・手術 > ICL(有水晶体眼内レンズ)

ICL(有水晶体眼内レンズ)

ICL(有水晶体眼内レンズ)とは?

ICLとは、眼内コンタクトレンズ治療に用いられるレンズの英名「インプランタブルコンタクトレンズ」を略した呼び方で、有水晶体眼内レンズ、あるいはフェイキックIOLと呼ばれることもあります。 目の内にレンズを入れることで視力を矯正する治療法で、矯正できる度数の幅も広く強い近視や乱視の方にも適しています。将来白内障になった場合も通常通り白内障手術を行うことができます。

以下の患者様におすすめの治療法です。

  • 災害時や外泊時、日常生活で
  • 眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放されたい方
  • ドライアイの為コンタクトやレーシックができない方
  • 強度近視や乱視の為レーシック適応外の方
  • 角膜を削るレーシックに抵抗のある方
  • レーシックの適応検査で不適応と診断された方

特徴

角膜を削らないので術後のリスクが少ない、
見え方の質が良い

ICL(眼内コンタクトレンズ)手術は、視力の回復手術としてレーシックと比較されます。レーシックは角膜を削って近視や乱視を治療しますが、ICL手術は角膜を削らずにレンズを挿入する手術です。そのため、レーシックで一部見られる「近視の戻り」がありません。さらにレーシックに比べコントラストの感度が良好です。

強度近視や乱視矯正にも対応可能

レーシック手術では、強度近視や乱視、角膜の厚さや形状の問題で手術適応が難しい場合がありますが、ICL手術では視力矯正できる度数の範囲が広く強度近視や乱視にも対応でき、角膜の厚さや形状に問題があっても治療することができます。

ずっとお手入れ不要。取り出すことも可能

目の中のレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。災害時やスポーツをする時など眼鏡やコンタクトレンズ目の中でゴロつきを感じることもありません。治療後に必要が生じた場合はレンズを取り出して元の状態に戻すことが出来ます。

目にやさしい生体適合性の高い素材

目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。有害な紫外線をカットする機能もあります。半永久的に使用可能です。

手術時間、両眼15分で日帰り手術

手術時間は両眼で15分。

手術方法

手術は点眼麻酔で行い、片眼約7分で終了します。

手術方法

  • 散瞳剤点眼で瞳孔を開き、点眼麻酔を行ったのち、黒目と白目の境目に数ミリの創口を作成。
  • 創口から小さく折りたたんだICLを挿入して、虹彩と水晶体の間に固定。
  • 切開創は糸で縫合することなく、眼内圧により自己閉鎖します。
  • レンズは特別な手入れをしたり取り出したりする必要はなく、半永久的に眼内で安定します。

不安を和らげる工夫

I C L(眼内コンタクト)治療は通常、鎮痛効果の高い点眼麻酔で手術をおこないます。彩光会グループでは新たな取り組みとしてご希望の方には低濃度笑気ガス麻酔を併用しています。意識はなくならず会話もできますが、程よく力が抜け、リラックスできる状態になります。ガスを止めるとすぐに麻酔効果はなくなります。まだ全国でも低濃度笑気ガス麻酔が可能な眼科はごく少数ですが、手術が怖い、不安という方におすすめの麻酔方法です。

適応条件

適応条件
  • 年齢21歳から45歳位まで
  • 中等度の近視から強度の近視(度数約-3.00Dから-18.00D位まで)
    ※慎重適応:-15.00D以上
  • 乱視の度数が約4.50D(近視性乱視)まで
  • 過去1年の近視の度数が安定して変動が0.50D以内であること
  • 白内障、緑内障など他の眼疾患がないこと
禁忌 (手術ができない場合)
  • 散瞳不良の方、前房隅角の狭い方
  • 妊娠中又は授乳中
  • 目の病気のある方(白内障、緑内障、網膜疾患、虹彩/ぶどう膜炎、水晶体亜脱臼、偽落屑症候群など)
  • 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  • コラーゲンに対する過敏症
  • その他、全身的、眼科疾患を伴うこと等を理由として医師が不適当と判断した症例

手術のリスクと合併症

手術直後のかすみ・ぼやけ・まぶしさ・異物感・しみる感じ・充血

手術直後より視力改善は体感できますが、手術直後は全体的にかすんだり、ぼやけたり、充血したりします。1週間ぐらいまでの間に安定してくる方がほとんどです。

結膜下出血

創口や白目の血管から出血して目が赤くなることがありますが、手術後1~2週間で自然に消失します。手術の結果や目への影響も心配ありません。

角膜内皮細胞の減少

通常の場合、手術時に平均で約3%の内皮細胞数減少が見られますが、その後は安定します。

ハロー・グレア・光のにじみ

レンズの構造上、日中も夜間も光がにじんだり、光の周囲がぼやけて見えたり、周囲に光が入って見えたりすることがあります。やや残る場合もありますが、しばらくすると気にならなくなる方がほとんどです。

※ ICLの有効光学部径が角膜面で7.30mm相当(-12.0D以下の場合)あるので、暗所瞳孔径が大きい方でも レーシックに比べるとハロー・グレアがでにくいとされています。 暗所ではコントラスト感度が低下しがちなレーシックに比べると高次収差も少なく、網膜像の縮小がないこと などから、コンタクトや眼鏡に比べて暗所・夜間視力が向上する場合もあります。

老眼(老視) (※概ね40才以上の場合)

手術を受ける・受けないにかかわらず、40歳頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」といった老眼の症状がではじめます。その場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜に使用してください。

まれに起こる治療が必要な合併症

眼圧上昇/高眼圧

眼圧上昇がみられた場合、その程度によって降眼圧剤の点眼や内服を一時的に追加します。(発症率1%)瞳孔ブロックが原因となる場合にはレーザー虹彩光凝固をおこなうことがあります。

ICLサイズの不適合、度数ずれ、位置ずれ

ICLと水晶体の間隔が狭すぎたり(=Low Vault)、逆に広すぎたり(=High Vault)した場合、ICLが偏心固定した場合、軸が回転してしまった場合、手術後に過矯正あるいは低矯正となった場合などには、サイズや度数の違うICLへの入れ替え、位置修正などの再手術が必要になることがあります。(レンズの交換・摘出1.5%)

術後眼内炎

ごくまれに手術後の感染性眼内炎を発症したケースが報告されています。(発症率0.02%)もし発症した場合は抗生剤の内服や点滴、程度によっては前房洗浄やICL摘出をおこなうこともあります。

白内障(水晶体の混濁)

視力に影響しない程度のものであればそのまま経過観察をします。もし進行して視力障害を生じた場合はICLを摘出して白内障手術をおこないます。(発症率2%、手術に至る率0.4%)

※ 白内障は加齢とともに60~70歳を過ぎると大多数の方にみられる病気です。もともと強度近視の人は、普通の人より10~20年早く白内障になりやすいので、ICL手術をしなくても白内障になりやすいという面もあります。

費用

眼内コンタクトレンズ
(乱視あり・なし)
【片眼】330,000円(税込)
【両眼】660,000円(税込)

※3ヶ月間の検診代、お薬代も含まれます。
※手術前の検査料は別途5,000円です。
※医療ローンもご利用できます。

眼内コンタクトレンズの医療費控除について(PDF)

生命保険の取り扱いについて

ご自身で生命保険にご加入の場合、生命保険会社およびご契約内容によっては“屈折矯正術”の治療・手術を受けたということで、生命保険から保険金として手術代金の一部が支払われる場合があります。詳細につきましてはご加入の生命保険にお問合せください。