眼の病気と治療

ホーム眼の病気と治療 > 費用について

手術・治療費用

屈折矯正治療

眼内コンタクトレンズ(ICL)

眼内コンタクトレンズ
(乱視あり・なし)
【片眼】330,000円
【両眼】660,000円
  • 3ヶ月間の検診代も含まれます。
  • 手術前の検査料は別途5,000円です。
  • 医療ローンでのお支払いも可能です。

ICL医療費控除について

オルソケラトロジー(初年度)

初年度費用
(1年間のケア用品代、検診代込み)
【片眼】117,700円~128,700円
【両眼】145,200円~165,000円
  • 2年目以降は検診代46,200円~48,400円(ケア用品代込み)がかかります。
  • レンズの買い換え時は別途1枚27,500円~36,300円かかります。

白内障・老眼治療

白内障手術(単焦点眼内レンズ)

自己負担割合
1割 【片眼】15,000円前後
【両眼】18,000円(上限)
2割 【片眼】18,000円(上限)
【両眼】18,000円(上限)
3割 【片眼】45,000円前後
【両眼】90,000円前後
  • 高額療養費の申請(限度額認定証の掲示)がある方は限度額が変わる場合があります。

多焦点眼内レンズ

選定療養対応
差額レンズ代 【片眼】220,000円~
  • レンズの種類によって費用が異なります。
  • 多焦点眼内レンズを使用するために生じる差額です。
  • お支払いいただくのは、保険診療で行われる白内障手術の自己負担とこの差額を足した金額になります。

多焦点眼内レンズの種類別費用

自由診療
手術費用(※) 605,000円~(乱視あり)
550,000円~(乱視なし)
  • (※)レンズの種類によって費用が異なります。
  • (※)手術前の検査料(採血検査込み)で別途15,000円です。
  • (※)手術代+眼内レンズ代+術後1ヶ月検診代含む料金です。

レーザー白内障手術価格一覧

選定療養とは
選定療養とは、国民健康保険や社会保険に加入している患者様が、追加費用(「選定療養費」といいます)を負担することで、 保険適用外の治療やサービスを、保険適用の治療と併せて受けることができる医療サービスの一種です。例えば病院で入院した際、個室などを利用すると差額ベッド代を請求されますが、これが「選定療養費」にあたります。歯科治療で使用される金歯などの金属材料も「選定療養費」です。厚生労働省承認の多焦点眼内レンズが選定療養の対象となっております。

網膜硝子体手術

網膜硝子体手術

健康保険の負担割合
1割 【片眼】18,000円(上限)
2割 【片眼】18,000円(上限)
3割 【片眼】125,000円~160,000円前後
  • 高額療養費の申請(限度額認定証の掲示)がある方は限度額が変わる場合があります。
  • 症状の程度によって手術の内容が異なるため費用は多少前後する場合があります。

お支払方法

お支払いは各種クレジットカード・電子マネーをお使いいただけます。

クレジット
カード
電子マネー
電子マネー
(交通系)
医療ローン
(自由診療のみ)
北洋銀行ライフプラスローン(リビングローン)
※審査等がありますので、詳細につきましては担当よりご連絡いたします。
≫ 詳細はこちら(北洋ライフプラスローン商品説明書.pdf)

医療費控除について

1年間に支払った医療費が10万円を超える方は確定申告をすれば税金の還付が受けられます。眼内コンタクトレンズ(I C L)やオルソケラトロジー、多焦点レンズなども医療費控除の対象となります。手術を受けられた方には領収書を発行していますので、大切に保管し確定申告の際にご提出ください。詳しくは管轄の税務署にお問い合わせ下さい。お支払いは各種クレジットカード・電子マネーをお使いいただけます。

生命保険の手術給付金について

契約されている方は、手術給付金が支給されるケースがあります。加入されている保険会社や契約内容によって異なりますので、予め保険会社へお問合せください。