眼の病気と治療

ホーム眼の病気と治療 > 飛蚊症・光視症

飛蚊症・光視症

飛蚊症・光視症とは

何もないはずなのに目の前に黒い陰や糸くずみたいなものが見える症状を「飛蚊症」、視野の一部に一瞬光が走って見える症状を「光視症」と言います。

「飛蚊症」は目の中の濁り、特に”硝子体の濁り”が網膜に写るのを自覚することによって生じます。 適応疾患 黒い点状のもの、髪の毛や糸くずのようなもの、丸い輪や水玉のようなものなど、人によって自覚症状は様々です。目の中の濁りを自覚する症状ですから、目線を動かすとゆらゆらと一緒に動きます。明るい空や白い壁がバックになると目立ちやすくなりますが、暗いところではわかりにくくなります。

「光視症」は、何らかの原因で光を受ける網膜に刺激があったときに生じます。実際にはないはずの光が一瞬光ったように感じます。飛蚊症の症状と併発することが多くあります。

飛蚊症とは?

原因

大きく分けて「年齢的な変化によるもの」と「怖い病気に伴うもの」があります。

年齢的変化によるもの(生理的飛蚊症)
目の中には硝子体というゼリー状の物質がぎっしりつまっています。この硝子体は完全に透明ではないため、幼少期でも飛蚊症を自覚することはあります。年齢的変化に伴ってゼリー状の部分が融解して萎縮してくると、網膜と硝子体の間に隙間(=後部硝子体剥離)ができますが、この変化が起きた直後は、「飛蚊症」の症状を自覚しやすくなります。
怖い病気に伴うもの
網膜裂孔、網膜剥離、眼底出血、ぶどう膜炎などの恐ろしい病気でも、硝子体に濁りを生じて「飛蚊症」や「光視症」が初期症状として出現するものは少なくはありません。飛蚊症や光視症の症状がある場合は、精密眼底検査を受ける必要があります。

飛蚊症と光視症

検査

散瞳剤を使用しての精密眼底検査が必要です。散瞳剤を点眼して瞳孔を開いた状態にしておき、医師が検眼鏡を用いて網膜の隅々まで観察する検査をおこないます。この検査では散瞳剤を点眼してから瞳孔を開くまでに20~40分間程度、検査時間は数分間で終わりますが、検査後に瞳孔がもとに戻るまで5~8時間くらいかかります。

検査を受けたあとはすぐに歩いて帰宅できますが、瞳孔がもとに戻るまでは光がまぶしく、ピントがぼやけた状態になりますので、検査を受けた当日は車やバイクの運転は危険ですので控えるようにしてください。